sourCEntral - mobile manpages

pdf

appletviewer

名前

appletviewer − Java アプレットビューア

appletviewer コマンドは Web ブラウザの外でアプレットを実行させます。

形式

appletviewer [ options ] urls ...

機能説明

appletviewer コマンドは urls に指定されたドキュメントあるいはリソースと接続して、そのドキュメントが参照するそれぞれのアプレットを独自のウィンドウで表示します。注:urls によって参照されたドキュメントが、OBJECTEMBED、または APPLET タグでどのアプレットも参照していない場合、appletviewer は何も行いません。appletviewer でサポートされる HTML タグの詳細については、
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/appletviewertags.html の 「AppletViewer Tags」を参照してください。

注: appletviewer は、RFC2396 で規定されたエスケープ機構に従って符号化された URL を必要とします。サポートされるのは、符号化された URL だけです。ただし、ファイル名については、RFC2396 に指定された方法で符号化を解除しておく必要があります。

オプション

−debug

Java デバッガ jdb でアプレットビューアを開始します。 これにより、ドキュメント中のアプレットをデバッグすることができます。

−encoding    encoding name

入力 HTML ファイルのエンコーディング名を指定します。

−Jjavaoption

文字列 javaoption は、appletviewer を実行する Java インタプリタに 1 つの引数として渡されます。引数に空白文字を含めてはいけません。複数の引数は、各引数のすべてを接頭辞 −J で始めることにより区分する必要があります。これは、コンパイラの実行環境、またはメモリの利用に有効です。

pdf