sourCEntral - mobile manpages

pdf

apt

名前

apt − 注釈処理ツール

形式

apt [−classpath classpath] [−sourcepath sourcepath] [−d directory] [−s directory] [−factorypath path] [−factory class] [−print] [−nocompile] [−Akey[=val] ...] [javacoption] sourcefiles [@files]

パラメータ

オプションは任意の順序で使用できます。特定のオプションに適用される パラメータについては、後述の「オプション」を参照してください。

sourcefiles

処理される 0 個以上のソースファイル。

@files

ソースファイルまたはその他のオプションをリストする 1 個以上のファイル。

機能説明

注釈処理ツール apt には、プログラム注釈を処理するための一連の 新しいリフレクション API とインフラストラクチャサポートが含まれています。 apt のリフレクション API では、プログラム構造のビューが、 ビルド時のソースベースの読み取り専用として用意されています。 これらのリフレクション API は、総称型の追加後に、 Java(TM) プログラミング言語の型システムを わかりやすくモデル化できるように設計されました。 はじめに、 apt は注釈プロセッサを実行します。この注釈プロセッサでは、 新規のソースコードおよびその他のファイルを生成します。 次に、オリジナルのソースファイルと生成したソースファイルの両方をコンパイルし、 開発を容易にします。ツールと対話するためのリフレクション API と その他の API は、 com.sun.mirror のサブパッケージです。

apt によるツールの操作方法と開発手順についての詳細は、 http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.html の「Getting Started with apt」を参照してください。
注:

apt の機能は標準の注釈処理インフラストラクチャに組み込まれました。この標準のインフラストラクチャは、今では javac ツール [ Solaris と Linux の場合:
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] [ Windows の場合:
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/javac.html] の一部となり、すべての Java コンパイラで使用できるように標準化されています。この新しいインフラストラクチャは、Java プラットフォームの一部となった言語モデルと注釈処理 API に依存しています。新しい注釈プロセッサの開発は、この新しい API と javac ツールに基づいて行うことをお勧めします。

オプション

apt 固有のオプション

−s dir

プロセッサが生成するソースファイルが配置されるディレクトリルートを 指定します。ファイルはパッケージのネームスペースに従って、 サブディレクトリに配置されます。

−nocompile

ソースファイルをクラスファイルにコンパイルしません。

−print

指定した型のテキスト表現を出力します。 注釈処理やコンパイルは実行しません。

−A[key[=val]]

注釈プロセッサに渡されるオプション。 apt は、これらのオプションを直接解釈しませんが、個別のプロセッサ によって使用可能になります。

−factorypath path

注釈プロセッサファクトリを検索する場所を指定します。 このオプションを使用する場合、ファクトリの検索に クラスパスは使用されません。

−factory classname

使用する注釈プロセッサファクトリの名前。 デフォルトの検出処理はバイパスされます。

javac と共有されるオプション

−d dir

プロセッサおよび javac が生成したクラスファイルを配置する場所を指定します。

−cp path または−classpath path

ユーザクラスファイルおよび注釈プロセッサファクトリを検索する場所を 指定します。 −factorypath を指定した場合、ファクトリの検索にクラスパスは使用されません。

javac のオプションについては、 javac(1) のマニュアルページを参照してください。

注意事項

apt の機能は、javac が提供するようになった標準の注釈処理インフラストラクチャに組み込まれました。apt とその関連 API のサポートは、JDK の将来のリリースで打ち切られる可能性があります。

関連項目

*

javac: [ Solaris と Linux の場合:

http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] [ Windows の場合:
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/javac.html]

*

java: [ Solaris の場合:

http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/java.html] [ Linux の場合:
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/linux/java.html] [ Windows の場合:
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/java.html]

pdf