sourCEntral - mobile manpages

pdf

extcheck

名前

extcheck − jar の競合検出ユーティリティ

extcheck は、ターゲットの jar ファイルと現在インストールされている拡張機能の jar ファイル間のバージョンの競合を検出します。

形式

extcheck [ −verbose ] targetfile.jar

機能説明

extcheck ユーティリティは、指定された jar ファイルのタイトルおよびバージョンが Java(TM) SDK ソフトウェアにインストールされている拡張機能と競合していないかを 検査します。 拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使って、 バージョンが同じか、 より新しい拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べる ことができます。

extcheck ユーティリティは、 targetfile.jar ファイルのマニフェスト内のヘッダ Specification-title および Specification-version を、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべての jar ファイル内の対応するヘッダと比較します。 デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、 jre/lib/ext です。 extcheck ユーティリティは、 java.lang.Package.isCompatibleWith メソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。

競合が検出されない場合、リターンコードは 0 です。

拡張機能ディレクトリ内の jar ファイルのマニフェストに、同一の Specification-title、 および同一またはより新しい Specification-version 番号がある場合、ゼロでないエラー コードが返されます。 targetfile.jar のマニフェストに Specification-title または Specification-version 属性がない場合も、ゼロでないエラーコードが返されます。

オプション

以下のオプションが指定できます。

-verbose

拡張機能ディレクトリ内の jar ファイルを、検査時に一覧表示します。また、ターゲット jar ファイルのマニフェストの属性、および競合する jar ファイルについても報告します。

−Joption

option を Java 仮想マシンに渡します。ここで、 option は、Java アプリケーション起動プログラム java(1) のマニュアルページで 説明されているオプションの 1 つです。たとえば、-J-Xms48m は、起動時に使用するメモリを 48M バイトに設定します。

関連項目

jar(1)

pdf