sourCEntral - mobile manpages

pdf

jmap

名前

jmap − メモリマップ

形式

jmap [option] pid
jmap [
option] executable core
jmap [
option] [server-id@]remote-hostname-or-IP

パラメータ

option

オプションは相互に排他的です。オプションを使用する場合は、コマンド名の直後に指定する必要があります。

pid

メモリマップを表示するプロセス ID。プロセスは Java プロセスでなければなりません。マシン上で実行している Java プロセスのリストを取得するには、 jps を使用します。

executable

コアダンプが生成された Java 実行可能ファイル。

core

メモリマップを表示するコアファイル。

remote-hostname-or-IP

リモートデバッグサーバ ( jsadebugd を参照) のホスト名または IP アドレス。

server-id

同じリモートホスト上で複数のデバッグサーバが実行している場合、オプションの一意 ID。

機能説明

jmap は、指定されたプロセスまたはコアファイルまたはリモートデバッグサーバの、共有オブジェクトメモリマップまたはヒープメモリの詳細を表示します。 指定されたプロセスが 64 ビット VM 上で実行されている場合、−J−d64 オプションを指定しなければならない場合があります。次に例を示します。

jmap −J−d64 −heap pid

注 - このユーティリティはサポートされていないため、JDK の将来のバージョンでは使用できない可能性があります。

Windows プラットフォーム上で使用可能な唯一の jmap 形式は、次のとおりです。

jmap −dump:<dump−options> pid

および

jmap −histo[:live] pid

オプション

<no option>

オプションが使用されなかった場合、 jmap は共有オブジェクトマッピングを表示します。ターゲット VM に読み込まれた各共有オブジェクトについて、開始アドレス、マッピングのサイズ、および共有オブジェクトファイルのフルパスが表示されます。これは、Solaris の pmap ユーティリティと同様です。

−dump:[live,]format=b,file=<filename>

Java ヒープを hprof バイナリ形式で filename にダンプします。live サブオプションは省略可能です。これが指定された場合、ヒープ内で生存中のオブジェクトのみがダンプされます。ヒープダンプを参照するには、生成されたファイルを jhat (Java Heap Analysis Tool) を使って読み取ります。

−finalizerinfo

ファイナライズを待っているオブジェクトに関する情報を出力します。

−heap

ヒープのサマリを表示します。使用された GC アルゴリズム、ヒープ構成、および生成規模のヒープ使用率が表示されます。

−histo[:live]

ヒープのヒストグラムを表示します。各 Java クラスについて、オブジェクト数、メモリサイズ(バイト数)、および完全修飾クラス名が表示されます。VM 内部クラス名の前には ’*’ が表示されます。live サブオプションが指定された場合、生存中のオブジェクトのみがカウントされます。

−permstat

Java ヒープの永続的生成のクラスローダ規模の統計を表示します。各クラスローダについて、名前、活動性、アドレス、親クラスローダ、および読み込まれたクラスのサイズが表示されます。 さらに、intern された文字列の数とサイズも出力されます。

−F

強制 (Force)。pid が応答しない場合に、jmap −dump または jmap −histo オプションとともに使用します。このモードでは、live サブオプションはサポートされません。

−h

ヘルプメッセージを表示します。

−help

ヘルプメッセージを表示します。

−J<flag>

jmap が実行されている Java 仮想マシンに <flag> を渡します。

関連項目

*

pmap (1)

*

jhat

*

jps

*

jsadebugd

pdf