sourCEntral - mobile manpages

pdf

jsadebugd

名前

jsadebugd − サービスエージェントデバッグデーモン

形式

jsadebugd pid [ server-id ]
jsadebugd
executable core [ server-id ]

パラメータ

pid

デバッグサーバがアタッチするプロセスのプロセス ID。プロセスは Java プロセスでなければなりません。マシン上で実行している Java プロセスのリストを取得するには、 jps を使用します。1 つのプロセスにアタッチできるのは、1 つのデバッグサーバだけです。

executable

コアダンプが生成された Java 実行可能ファイル。

core

デバッグサーバがアタッチするコアファイル。

server-id

同じマシン上で複数のデバッグサーバを起動する場合に必要な、オプションの一意 ID。リモートクライアントがアタッチする特定のデバッグサーバを識別するには、この ID を使用する必要があります。1 つのマシン内で、この ID は一意でなければなりません。

機能説明

jsadebugd は、Java プロセスまたはコアファイルにアタッチして、デバッグサーバとして機能します。 jstackjmapjinfo などのリモートクライアントは、Java Remote Method Invocation (RMI) を使用してサーバにアタッチできます。 jsadebugd を起動する前に、次のように指定して rmiregistry を起動する必要があります。

rmiregistry -J-Xbootclasspath/p:$JAVA_HOME/lib/sajdi.jar

$JAVA_HOME は、JDK のインストールディレクトリです。 rmiregistry が起動していなかった場合、 jsadebugd は標準 (1099) ポートで内部的に rmiregistry を起動します。デバッグサーバを停止するには、SIGINT を送信します (Ctrl-C を押す) 。

注 - このユーティリティはサポートされていないため、JDK の将来のバージョンでは使用できない可能性があります。 jsadebugd は、現時点では、Windows プラットフォームでは使用できません。

関連項目

*

jinfo

*

jmap

*

jps

*

jstack

*

rmiregistry

pdf