sourCEntral - mobile manpages

pdf

jstack

名前

jstack − スタックトレース

形式

jstack [option] pid
jstack [
option] executable core
jstack [
option] [server-id@]remote-hostname-or-IP

パラメータ

オプションは相互に排他的です。オプションを使用する場合は、コマンド名の直後に指定する必要があります。 「オプション」を参照してください。

pid

スタックトレースを出力するプロセス ID。プロセスは Java プロセスでなければなりません。マシン上で実行している Java プロセスのリストを取得するには、 jps を使用します。

executable

コアダンプが生成された Java 実行可能ファイル。

core

スタックトレースを出力するコアファイル。

remote-hostname-or-IP

リモートデバッグサーバー ( jsadebugd を参照) のホスト名または IP アドレス。

server-id

同じリモートホスト上で複数のデバッグサーバーが動作している場合の、オプションの一意 ID。

機能説明

jstack は、指定された Java プロセスまたはコアファイルまたはリモートデバッグサーバーの Java スレッドの Java スタックトレースを出力します。それぞれの Java フレームについて、完全なクラス名、メソッド名、’bci’ (バイトコードインデックス) 、および行番号 (入手可能な場合) が出力されます。 −m オプションを指定した場合、 jstack は、すべてのスレッドの Java とネイティブの両方のフレームを ’pc’ (プログラムカウンタ) とともに出力します。それぞれのネイティブフレームについて、’pc’ に最も近いネイティブシンボル (入手可能な場合) が出力されます。C++ の符号化された (mangled) 名前は復号化 (demangled) されません。C++ 名を復号化するには、このコマンドの出力を c++filt にパイプで渡します。 指定されたプロセスが 64 ビット VM 上で実行されている場合、−J−d64 オプションを指定しなければならない場合があります。次に例を示します。

jstack −J−d64 −m pid

注 - このユーティリティはサポートされていないため、JDK の将来のバージョンでは使用できない可能性があります。 Windows プラットフォーム上で使用可能な唯一の jstack 形式は、次のとおりです。

jstack pid

オプション

−F

「jstack pid」が応答しない場合にスタックダンプを強制します。

−m

混合モード (Java とネイティブの両方の C/C++ フレーム) のスタックトレースを出力します。

−h

ヘルプメッセージを出力します。

−help

ヘルプメッセージを出力します。

関連項目

*

pstack(1)

*

c++filt(1)

*

jps

*

jsadebugd

既知の問題

混合モードのスタックトレース ( −m オプション) は、リモートデバッグサーバーでは機能しません。

pdf