sourCEntral - mobile manpages

pdf

native2ascii

名前

native2ascii − ネイティブコードから ASCII への変換

形式

native2ascii [ options ]
[ inputfile [outputfile]]

機能説明

Java コンパイラなどの Java ツールが処理できるファイルは、 Latin-1 文字もしくは Unicode でエンコードされた文字 (\udddd) からなるファイルだけです。 native2ascii は、他の文字コードのファイルを Latin-1 または Unicode エンコーディングのファイルに変換します。

outputfile 引数を省略すると、出力先は標準出力となります。 また、 inputfile 引数を省略すると、入力元は標準入力となります。

オプション

以下のオプションが使用できます。
−encoding
encoding_name

変換処理で用いるエンコーディング名を指定します。 デフォルトのエンコーディング名は、システムプロパティの file.encoding から得られます。 encoding_name 文字列は、ドキュメント「サポートされているエンコーディング」の、 サポートされるエンコーディングの表で最初の列にある文字列の 1 つでなければ なりません。
http://java.sun.com/j2se/1.5/docs/guide/intl/encoding.doc.html

−reverse

逆の変換処理を行います。つまり Latin-1 または Unicode でエンコーディングされている文字を、ネイティブコードに変換します。

−Joption

option を Java 仮想マシンに渡します。ここで、 option は、Java アプリケーション起動プログラム java(1) のマニュアルページで 説明されているオプションの 1 つです。たとえば、 −J-Xms48m は、起動時に使用するメモリを 48M バイトに設定します。 −J が基本となる仮想マシンにオプションを渡すことは、共通の規約です。

pdf