sourCEntral - mobile manpages

pdf

schemagen

名前

XML バインドのための Java(TM) アーキテクチャ
スキーマジェネレータ仕様のバージョン: 2.0
リファレンス実装 (Reference Implementation、RI) のバージョン:
2.0 ea3

schemagen の起動
スキーマジェネレータは、ユーザーのプラットフォームの bin ディレクトリにある schemagen シェルスクリプトを使って起動できます。

現在のスキーマジェネレータは、Java ソースファイルとクラスファイルのいずれも処理できます。

また、スキーマジェネレータを実行するための Ant タスクも用意されています。schemagen を Ant とともに使用するための手順を参照してください。

Solaris/Linux の場合

% path/to/jaxb/bin/schemagen.sh Foo.java Bar.java ...
Note: Writing schema1.xsd

WindowsNT/2000/XP の場合

> path\to\jaxb\bin\schemagen.bat Foo.java Bar.java ...
Note: Writing schema1.xsd

ユーザの Java ソース/クラスがほかのクラスを参照している場合、システムの CLASSPATH 環境変数経由でそれらのクラスにアクセスできるようになっているか、あるいは −classpath/−cp オプションを使ってそれらのクラスをツールに指定する必要があります。そうしないと、スキーマの生成時にエラーが発生します。

コマンド行オプション

使用法: schemagen [−options ...] <java files>

オプション:
−d <path> : プロセッサおよび javac によって生成されるクラスファイルの格納場所を指定します
−cp <path> : ユーザ指定ファイルの検索場所を指定します
−classpath <path> : ユーザ指定ファイルの検索場所を指定します
−help : この使用方法に関するメッセージを表示します

生成されるリソースファイル
現在のスキーマジェネレータは単純に、Java クラス内で参照されている名前空間ごとに 1 つのスキーマファイルを作成します。生成されるスキーマファイルの名前を制御する方法は、現時点では存在しません。そうした目的には、スキーマジェネレータの ant タスクを使用してください。

pdf