sourCEntral - mobile manpages

pdf

servertool

名前

servertool - Java(TM) IDL サーバツール

servertool は、アプリケーション開発者が持続サーバの登録、登録解除、起動、停止を行うためのコマンド行インタフェースを提供します。

形式

servertool −ORBInitialPort nameserverport options [ commands ]

servertool の起動時にコマンドを 入力しなかった場合は、 コマンド行ツールが servertool > プロンプトを表示します。 servertool > プロンプトで コマンドを入力します。

servertool の起動時にコマンドを入力した場合は、 Java IDL サーバツールが起動し、 コマンドを実行して終了します。

−ORBInitialPort nameserverport オプションは、必須です。 nameserverport の値は、orbd を実行し、 着信要求を待機しているポートを指定します。 Solaris ソフトウェアを使用する場合は、 スーパーユーザになって 1024 未満のポートでプロセスを開始する 必要があります。このため、1024 以上のポート番号の 使用を推奨します。

機能説明

servertool はアプリケーション プログラマが、持続サーバの登録、登録解除、起動、停止を 行うためのコマンド行インタフェースです。 サーバに関するさまざまな統計情報を取得するために その他のコマンドが用意されています。

オプション

−ORBInitialHost nameserverhost

ネームサーバを実行し、着信要求を待機している ホストマシンを指定します。このオプションを 指定しない場合、nameserverhost はデフォルトの localhost になります。 orbdservertool が異なるマシンで実行されている場合は、orbd が 実行されているホストの名前または IP アドレスを 指定する必要があります。

−Joption

オプションを Java 仮想マシンに渡します。 ここで option は、Java アプリケーション 起動プログラム
(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/java.html) のリファレンスページで説明されている オプションの 1 つです。 たとえば、−J-Xms48m は、 起動メモリを 48M バイトに設定します。 −J が基本にする仮想マシンにオプションを 渡すことは、共通の規約です。

コマンド

register −server <server class name>

−classpath <classpath to server> [ −applicationName <application name> −args <args to server> −vmargs <flags to be passed to Java VM> ]

新しい持続サーバを Object Request Broker Daemon (ORBD) に登録します。 まだ登録されていない場合は、サーバが登録され、有効化されます。 このコマンドを使用すると、 −server オプションによって 識別されるサーバのメインクラスでインストールメソッドが 呼び出されます。インストールメソッドは、 public static void install (org.omg.CORBA.ORB) で なければなりません。このインストールメソッドを オプションで使用すると、開発者は独自の サーバインストール動作 (データベーススキーマの作成など) を指定できます。

unregister −serverid <server id >

| −applicationName <application name>

サーバ ID またはアプリケーション名を使用して、 ORBD からサーバを登録解除します。 このコマンドを使用すると、−server オプションによって 識別されたサーバのメインクラスでアンインストール メソッドが呼び出されます。アンインストールメソッドは、 public static void uninstall(org.omg.CORBA.ORB) でなければなりません。このアンインストールメソッドを オプションで使用すると、 開発者は独自のサーバアンインストール動作 (インストールメソッドの動作の取り消しなど) を指定できます。

getserverid −applicationName <application name>

アプリケーションに対応するサーバ ID を返します。

list

ORBD に登録されているすべての持続サーバに関する情報を 一覧表示します。

listappnames

ORBD に現在登録されているすべてのサーバのアプリケーション名を 一覧表示します。

listactive

ORBD によって起動され、稼動しているすべての 持続サーバに関する情報を すべて一覧表示します。

locate −serverid <server id > |

−applicationName <application name> [−endpointType <endpointType> ]

登録されているサーバによって作成されたすべての ORB の特定のタイプ のエンドポイント (ポート) を特定します。サーバがまだ稼動していな い場合は、起動されます。エンドポイントタイプが指定されないと、サ ーバ内の各 ORB に関連したプレーン/非保護の エンドポイントが返されます。

locateperorb

−serverid <server id > | −applicationName <application name> [−orbid <ORB name> ] 登録されているサーバの特定の ORB によって登録されたすべてのエンド ポイント (ポート) を特定します。サーバがまだ動作していない場合は、 起動されます。 orbid が指定されないと、デフォルト値である "" が orbid に割り当てられます。空の文字列の orbid を使用して ORB が作成されると、それによって登録されているす べてのポートが返されます。

orblist −serverid <server id> |

−applicationName <application name> ]

サーバで定義されている ORB の ORBId を一覧表示します。 ORBId は、サーバによって作成された ORB の 文字列名です。サーバがまだ稼動していない場合は、 サーバを起動します。

shutdown −serverid <server id> |

−applicationName <application name> ]

ORBD に登録されているアクティブなサーバを停止します。 このコマンドの 実行中に、 サーバプロセスを適切に停止するために、 −serverid または −applicationName パラメータで 指定されたクラスで定義されている shutdown() メソッドも呼び出されます。

startup −serverid <server id> |

−applicationName <application name>

ORBD に登録されているサーバを起動します。 サーバが稼動していな い場合、このコマンドはサーバを起動します。サーバが既に稼動して いる場合は、エラーメッセージがユーザに返されます。

help

このサーバツールを使用してサーバに対して実行できるすべての コマンドを一覧表示します。

quit

このサーバツールを終了します。

関連項目
orbd

pdf