sourCEntral - mobile manpages

pdf

unpack200

名前

unpack200 − JAR アンパックツール

形式

unpack200 [ options ] input−file JAR−file

オプションの指定順序に決まりはありません。コマンド行に指定された最後のオプションが、それ以前に指定されたすべてのオプションより優先されます。
input−file

入力ファイルの名前。入力ファイルは通常、pack200 gzip ファイルか pack200 ファイルです。このほかに、0 を設定すれば pack200(1) から作成された JAR ファイルも入力ファイルとして使用できます。この場合、入力ファイルの内容が Pack200 マーカーとともに出力 JAR ファイルにコピーされます。

JAR−file

出力 JAR ファイル名。

機能説明

unpack200 ツールは pack200(1) で作成されたパックファイルを JAR ファイルに変換するネイティブ実装です。
一般的な使用方法:

% unpack200 myarchive.pack.gz myarchive.jar

この例では、デフォルトの unpack200 設定で、myarchive.pack.gz から myarchive.jar が作成されます。

オプション

標準オプション
−Hvalue −-deflate-hint=value

JAR ファイル内のすべてのエントリに true、false、keep としてデフレーションを設定します。デフォルトモードは keep です。true または false の場合、デフォルトの動作をオーバーライドして、出力 JAR ファイル内のすべてのエントリのデフレーションモードを設定します。

非標準オプション
−r −−remove−pack−file

入力パックファイルを削除します。

−v −−verbose

最小限のメッセージを出力します。このオプションを複数指定すると、より長いメッセージが出力されます。

−q −−quiet

メッセージを表示せずに動作します。

−lfilename −−log−file=filename

メッセージを出力するログファイルを指定します。

終了ステータス

次の終了値が返されます。
0 成功
>0 エラー

関連項目

*

pack200 − JAR パックツール

*

pack200(1), jar(1), jarsigner(1), attributes(5) のマニュアルページ

*

Java SE のドキュメント

*

http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/deployment/deployment−guide/pack200.html の 「Java Deployment Guide」 − Pack200

*

jar − Java アーカイブツール

*

http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/jarsigner.html の 「jarsigner」 − JAR 署名ツール

注意事項

このコマンドと unpack(1) コマンドを混同しないでください。これらは別製品です。

ドキュメント間に矛盾がある場合、SDK に付属する Java SE API 仕様が最優先されます。

pdf