sourCEntral - mobile manpages

pdf

wsgen

名前

wsgen − JAX−WS 2.0 ベータ

wsgen ツールは、JAX−WS Web サービスで使用される JAX−WS ポータブルアーティファクトを生成します。このツールは、サービスエンドポイント実装クラス (SEI) を読み取り、Web サービスの配備と呼び出しに必要なすべてのアーティファクトを生成します。

形式

wsgen [options] <SEI>

オプション

次の表に、wsgen のオプションを示します。

表 1−1 wsgen のオプション

img

Ant タスク
wsgen
ツールには、このツール用の Ant タスクが付属しています。この Ant タスクがサポートする属性や要素を、次に示します。

<wsgen
sei="..."
destdir="directory for generated class files"
classpath="classpath" | cp="classpath"
resourcedestdir="directory for generated resource files such as WSDLs"
sourcedestdir="directory for generated source files"
keep="true|false"
verbose="true|false"
genwsdl="true|false"
protocol="soap1.1|Xsoap1.2"
servicename="..."
portname="...">
extension="true|false"
<classpath refid="..."/>
</wsgen>

img

classpath 属性は、 Path−like Structure
(http://ant.apache.org/manual/using.html#path) であり、入れ子になった <classpath> 要素を使って設定することもできます。このタスクを使用するには、次の <taskdef> 要素をプロジェクトに追加しておく必要があります。

<taskdef name="wsgen" classname="com.sun.tools.ws.ant.WsGen">
<classpath path="jaxws.classpath"/>
</taskdef>

ここで、jaxws.classpath は、JAX−WS ツールが必要とするクラスのリストを含む、ビルド環境内の別の場所に定義された Path−like Structure
(http://ant.apache.org/manual/using.html#path) への参照です。

<wsgen
resourcedestdir="${wsdl.dir}"
sei="fromjava.server.AddNumbersImpl">
<classpath refid="compile.classpath"/>
</wsgen>

pdf