sourCEntral - mobile manpages

pdf

wsimport

名前

wsimport − JAX−WS 2.0 ベータ

形式

wsimport [options] <wsdl>

機能説明

wsimport ツールは、次のような JAX-WS ポータブルアーティファクトを生成します。

o

サービスエンドポイントインタフェース (SEI)

o

サービス

o

wsdl:fault からマップされる例外クラス (存在する場合)

o

応答 wsdl:message から派生する非同期応答 Bean (存在する場合)

o

JAX-B が生成する値タイプ (スキーマの型からマップされた Java クラス)

これらのアーティファクトは、WSDL ドキュメント、スキーマドキュメント、およびエンドポイント実装とともに WAR ファイル内にパッケージ化して配備することができます。

wsimport ツールを起動するには、コマンド行スクリプト wsimport.sh (Unix) または wsimport.bat (Windows) を使用します。WSDL をインポートおよびコンパイルするための Ant タスクも存在しています。詳しくは後述の説明を参照してください。

オプション

次の表に、wsimport のオプションを示します。

表 1−1 wsimport のオプション

img

−b オプションを使って、複数の JAX-WS および JAXB バインディングファイルを指定できます。 これらのファイルを使って、パッケージ名や Bean 名など、さまざまなカスタマイズが可能です。 JAX-WS および JAXB バインディングファイルの詳細については、カスタマイズマニュアルを参照してください。

Ant タスク
wsimport
ツールには、このツール用の Ant タスクが付属しています。この Ant タスクがサポートする属性や要素を、次に示します。

<wsimport
wsdl="..."
destdir="directory for generated class files"
sourcedestdir="directory for generated source files"
keep="true|false"
extension="true|false"
verbose="true|false"
version="true|false"
wsdlLocation="..."
catalog="catalog file"
package="package name"
<binding dir="..." includes="..." />
</wsimport>

img

binding 属性は、 Path−like Structures
(http://ant.apache.org/manual/using.html#path) であり、それぞれ入れ子になった <binding> 要素を使って設定することもできます。このタスクを使用するには、次の <taskdef> 要素をプロジェクトに追加しておく必要があります。

<taskdef name="wsimport" classname="com.sun.tools.ws.ant.WsImport">
<classpath path="jaxws.classpath"/>
</taskdef>

ここで、jaxws.classpath は、JAX−WS ツールが必要とするクラスのリストを含む、ビルド環境内の別の場所に定義された Path−like Structure
(http://ant.apache.org/manual/using.html#path) への参照です。

<wsimport
destdir="${build.classes.home}"
debug="true"
wsdl="AddNumbers.wsdl"
binding="custom.xml"/>

上の例では、AddNumbers.wsdl のクライアント側アーティファクトを生成し、custom.xml カスタマイズファイルに基づいて ${build.classes.home} ディレクトリ内に .class ファイルを格納しています。使用されるクラスパスは xyz.jar であり、デバッグ情報がオンの状態でコンパイルが実行されます。

<wsimport
keep="true"
sourcedestdir="${source.dir}"
destdir="${build.classes.home}"
wsdl="AddNumbers.wsdl">
<binding dir="${basedir}/etc" includes="custom.xml"/>
</wsimport>

上の例では、AddNumbers.wsdl のポータブルアーティファクトを生成し、${source.dir} ディレクトリ内に .java ファイルを格納し、${build.classes.home} ディレクトリ内に .class ファイルを格納しています。

注意

変更または削除された wsimport の Ant 属性の概要

basedestdir で置き換えられました

sourceBasesourcedestdir で置き換えられました

wsdlFilewsdl で置き換えられました
httpProxy
が削除されました。代わりに、Ant の setproxy タスクを使ってプロキシ構成を行ってください。
version
が削除されました

pdf